紫陽花165_70.jpgLogo Toshi TP Atelier
Welcome !
トランペット奏者のための技術工房「Toshi TP Atelier」へようこそ!
KICX0438165.jpg

>> Store


tab writer
永山辰巳永山辰巳
[株式会社Symphony 代表取締役]
E-mail icon email
1989年、初めての海外旅行でふらっと立ち寄った NYC の楽器店通り。アメリカにもこんな通があるんだなーっとショーウインドを覗き見るとそこは管楽器の専門店だった。そこで見つけたマウントバーノン時代のバックを買ったのがきっかけ。それから 19 年経ち、集めた楽器は 50 本を超えてしまった。
tab recommended doc,
ベルカット* Report
2006/06/02
[永山辰巳]
ベルカット
なんとトランペットでベルカット仕様を作ってもらいました。
シルバック* Report
2005/08/14
[永山辰巳]
#24のバックボア
バックのマウスピースには、いくつかのバックボアが用意されています。そのうちでも、#24は、シンフォニーと呼ばれ、響きがリッチでコントロールの幅が広い表現力の豊かなバックボアです。
ビンセント・バック* Report
2007/05/05
[永山辰巳]
ビンセント・バック氏が愛用したマウスピース
ビンセント・バック氏の愛用したマウスピースははたしてどれだったのでしょうか?
toshiMaouce_thumbnail* Information
2007/05/03
マウスピース 価格案内
トランペット/コルネット/フリューゲルホーンのオリジナルマウスピースの作成、メッキ仕上げ、改造などの価格をご案内いたします。
KICX1913_105.jpg* Store
2011/07/19
[永山辰巳]
トランペット、あれこれ
コレクションを整理します。詳細は、メールにてお気軽にどうぞ。
F.Besson with JC、H.Selmer、オールド・ケノン・フリューゲル、アイーダトランペットを追加しました。
KICX0453105.jpg* Store
2010/02/19
[永山辰巳]
部品、ケースなど
バックC管のマウスパイプ、お譲りします。
KICX1307.jpg* Store
2009/09/23
[永山辰巳]
アーリーエルクハート CML239
アーリーエルクハート時代のC管スタンダートCML239

売れました。ありがとうございました。
KICX0673105.jpg* Store
2009/07/27
[永山辰巳]
マウントバーノン製コルネットベル
マウントバーノン時代のコルネットベルです。
販売済となりました。ありがとうございました。
KICX0505105.jpg* Store
2009/06/15
[永山辰巳]
シルキー S32
売れました。ありがとうございました。

1990年中期の品。シルキーの名工が手掛けた作品。
KICX0575105.jpg* Store
2009/05/16
[永山辰巳]
マウント・バーノン D/C管
ご購入いただけました。ありがとうございました。
バック・マウスピースあれこれ


バックのマウスピースコレクションから、幾つかお譲りします。
マウントバーノン、アーリーエルクハート、亀山スペシャルワーク品など。




文・写真:永山辰巳



[Page Index]

KICX2269.JPGバック・マウスピースpage: 1
クリフォード.JPGバック ハイノートシリーズpage: 2
10-1:2C.JPG名器:10-1/2Cの系譜 【10月1日追加】page: 3
9C.jpg9C 隠れた名品番page: 4
KICX1296.jpg売却済みpage: 5
tab
Update: 2011/09/27
Page 1 / 5 | Next >> 
マウントバーノン、オリジナル3C 【売却済み】

オリジナルメッキの超美品の3Cです。

名器と言われ、米国のオークションでも滅多に出なくなりました。
オリジナルシルバーメッキは、ほとんど完全な状態です。
リムは、中庸のカマボコで、トップはセンターにあり、従ってリムエッジはシャープに出ています。これが、柔軟なコントロールを生み出し、音色を明るくも暗くもできる万能選手です。奏者が、完成したアンブシャーを持っていればいるほどに優れた性能を引き出します。

刻印は見事というほど完全なシェープを持っています。

VINCENT BACH CORP MT VERNON NY 3C

※即日に売れました。やはり人気ありますね!。
KICX2269.JPG
VINCENT BACH CORP MT VERNON NY 3C
KICX2270.JPG
KICX2276.JPG
つや消しっぽく撮影して刻印が良くわかるようにしてみました。
KICX2277.JPG
KICX2271.JPG
KICX2273.JPG
マウントバーノンにもドットレスがある

バックの長い歴史で、常に行われてきた簡略方法の図式に、刻印中のドット(ピリオド)を省略していく事実がある。単純にはコストダウンの一環だが、それは本体ベル刻印、マウスピースの社名の刻印に見てとれる。

マウントバーノン時代のマウスピースにも、ドットレスが存在する。
手元のコレクションで見てとれるのは、

VINCENT BACH CORP. MT. VERNON N.Y 10-1/2C
VINCENT BACH CORP MT VERNON NY 10-1/2C

の二つであり、たぶん、前者が古い。後者は後にピリオドが削られたのだろう。

10-1/2Cは、バックのマウスピースモデルのうち、もっとも人気の高いものだろう。
やや小さいカップで高音域が楽であるうえに、輝かしい艶のあるサウンドは、他の追随を許さない。ビンセント氏が拘ったUカップの最高傑作と言える。

お譲りするマウントバーノン時代の10-1/2Cのトランペットとコルネットのセットであるが、トランペットはオリジナルメッキだが、コルネットはちょっと面白い話しがある。コルネットはニューヨークの楽器店で、最終仕上げされて刻印された真鍮地肌のまま売られていた。バフがけはまだで、これからメッキされて製品になるのだろうが、それが大量に売られていた。店員に理由を聞くと、昔、マウントバーノンに工場があった頃に務めていた職人が、最近亡くなり部屋からたくさんの仕上げ前のマウスピースが出てきたそうだ。想像だが、マウントバーノンからエルクハートにバックが移転する際に多くの職人は、ついていかずに辞めたそうだが、そうした職人がパーツを持ち出したのだろう。

これも何かの記念だと思って購入したが、流石に真鍮地肌では使えないので亀山さんに最終仕上げをして貰ったというわけだ。

2本セットで、25,000円です。

※ご注文は永山まで
KICX0441.jpg
VINCENT BACH CORP MT VERNON NY 10-1/2C
アーリーエルクハート時代のドットレス

世の中の人がドットレス(ドット無し)といっているのは、アーリーエルクハート時代に製造されたいわゆるマウントバーノンの表記がなくなった直後の品。
金属が違うとか、音が違うとか言われているが、音はともかく金属分析して何が違うと調べた人はいないだろう。

ドットレスの系譜は多分以下の通りだ。

VINCENT BACH CORP. MT. VERNON N.Y 10-1/2C
VINCENT BACH CORP MT VERNON NY 10-1/2C
VINCENT BACH CORP 7C
VINCENT BACH CORP. 7C

つまり、マウントバーノン時代の製造品をエルクハートに移ったので、単純にMT VERNON NYを抜いたのだろう。で暫くして、CORPが略語なのにピリオドがないのはおかしいとなり、正しく刻印され始めたのだろう。あくまで推測だが。

さて、実際、表記だけの違いではない。アーリーエルクハート時代のドットレスは、どこか軽い感じがする。触った感じ、持った感じ。これは楽器本体にも言えることだが、多分重さの違いは、マウスピースでなら1グラムもないはずだが、カップのデザインやリムの外径が僅かに違うものがある。
あとは、カップ内部の仕上げの良さだろう。

お譲りするのは、7Cのトランペットとコルネットのセットであるが、トランペットの方は、亀山さんに修復して貰いシャンクの傷をできるだけ取り去りメッキをかけ直してもらった。コルネットはまったくの未使用品。約40年以上前のマウスピースで新品同様という保管状態だ。

2本セットで、31,000円です。

※ご注文は永山まで
KICX0464.jpg
VINCENT BACH CORP 7C
ギャップの図解.jpg
参考まで。MOUTHPIECE DIRECTORY for Tuba & Trumpet:STEPHEN B.ICKES, NEW YORKからの抜粋。1977年頃の発行だがすでに絶版だとか。バックの考えるマウスピースのギャップに関する図解である。
Standard Bore Dimensions and Popular Special Sizes

Throat:
Trumpet and cornet

Standard: No.27 (3.66mm, .144")
Special: No.26 (3.73mm, .147"),''symphonic''
No.25 (3.81mm, .150")
No.24 (3.86mm, .152")
No.22 (3.99mm, .157")

Backbore:
Trumpet and cornet
Standard: Models without letters - 10 backbore
"A" Cup Models - 24 backbore
"B" Cup Models - 7 backbore
"C" Cup Models - 10 backbore
"D" Cup Models - 76 backbore
"E" Cup Models - 117 backbore
"F" Cup Models - 76 backbore

Special:
No.24, bigger darker symphonic
No.7, dark,Schmitt-style
No.3, dark
No.117, favors the upper register, standard piccolo trumpet backbore
No.87, big, free blowing
No.76, bright, edgy sound ; helps upper register
No.41, bright, more resistant





tab_download
icon_pdfbachmouth.pdf
バック・マウスピースのカタログ
Page 1 / 5 | Next >> 
Copyright © 2008 Toshi TP Atelier. All Right Reserved.
Powered by symphony_logo_49.jpg